スタッフ紹介

一生懸命になれる
仲間と熱い想いを持てる
そんな場所を提供したい

石原 敬規

「なんとなく」から「本気」へ

大学入試に失敗し、浪人しながら半年ほどフラフラと遊んでいました。
「このままじゃダメだ。」とハローワークへ行き就職先を探していたら、ハデックスを発見しました。飲食店でのアルバイト経験もあったので就職先は飲食店を希望していましたが、めちゃくちゃこだわって考えていたわけではなく、なんとなく「ここでいいか」という感じでした。
ただ、大手チェーン店はやりたいことが自由にできないイメージがあったので、中小規模や有限会社であることを選ぶ基準にはしていました。
入職してからは本当に厳しく育ててもらったと思います。もともとやると決めたらとことんやりたいタイプですので、浪人中はそんな自分とフラフラしている自分とを比べてモヤモヤしていました。
なので、どうせやるならとことんやってやろう!と入社して、すぐ店長を目指すようになりました。 20歳までに結果が出せなかったら退職しようと考えていました。周りにもそのことは伝えていて、どうやったら店長になれるか、店長になるために自分に足りないものは何か模索する毎日でした。がむしゃらに頑張った結果、20歳の誕生日の直前に店長になることができたときは本当に嬉しかったです。

Q.入社に至るまでの経歴を教えて下さい

多くの失敗から学んだ
スタッフへの感謝の気持ち

僕が店長をしていたとき大切にしていたことは2つありました。
まず1つ目が社員やアルバイト、お客さんを楽しませることを楽しいと思えるかどうか。今マネージャーとしていろんな店長を育てていますが、これができるかできないかはかなり大きいと思います。
そして2つ目はチャレンジを後押しできるかどうか。先ほども話しましたが、中小規模の強みはやりたいことに自由にチャレンジできる環境があることです。「とりあえずやってみる。正解だったか不正解だったか、反省はそのあと」と、お店の仲間たちのやりたいという気持ちを全力で後押しすることが大切だと思います。

僕自身もこの会社でたくさんのチャレンジをしてきました。
しかもそのほとんどが失敗です。
特に記憶残っているのが店長になりたての頃。その頃の僕は年齢の若さもあり「ナメられたくない!」と思っていて、お店の運営なども誰にも頼らずワンマンで行なっていました。「自分の言うことを聞かない奴は辞めろ!」ぐらい思っていました。
ですが、その店で店長になって3ヶ月ほど経ったとき、近くに競合店が出来て売り上げがガタッと落ちてしまったんです。どうやったら立て直せるか。。。と本当に悩みました。そんな時に初めて当時バイトリーダーをしていた子に相談したんです。するとその子は「ずっと待ってたのになんで言ってくれなかったんですか?」「みんなで協力して頑張っていきましょう」と言ってくれました。人に頼ることの大切さ、協力することの大切さを学んだ瞬間でした。でも、何よりも回りにそういうスタッフがいることが嬉しかったです。本当にその子には感謝しています。

独立制度で社長へ!
夢を叶えるために日々全力

現在僕はマネージャーとして2つの店舗の管理を任せていただいています。ハデックスには独立制度があり、この2店舗はそれを利用しています。今はそれぞれの店舗の店長の良さや、チャレンジしたいという気持ちを支えてあげたいと思っています。
また、僕にはもう一つ夢があります。それは奈良で5店舗出店するというものです。実は以前も奈良の店舗で店長をしていたのですが、その店舗が火事で全焼してしまった悲しい過去があります。今でも待ってくれている常連さんがいるので、なんとかその店を復活させて、5店舗まで成長させたいと思っています。

>Q.島谷 茂樹さんが大切にしていることはなんですか?

仕事が楽しくなる場所
それがハデックスの魅力

ハデックスは飲食の仕事が好きな人たちの集まりです。そして、飲食の仕事を好きにさせることができる人たちの集まりでもあります。
熱い想いを持った人が多く、社長も一人ひとりに想いを持ってくれています。何かに一生懸命になりたい、仲間と熱い想いを持って働きたい方、大歓迎です。お待ちしています。

Q.どんな想いで仕事に向き合っていますか?

メッセージ

  • 島谷 茂樹

    代表取締役 島谷 茂樹

  • 石原 敬規

    店員 石原 敬規

  • 平田 啓介

    店員 平田 啓介

  • 福田 真由美

    店員 福田 真由美

お問い合わせ

店舗へのご意見・ご感想、採用に関するお問い合わせはこちらのお問い合わせフォームから受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。